「小江川1000本桜」

10年計画で100本ずつ広がる1000本の想い…いよいよ達成です。
満開本数も500本を超えます!

埼玉県熊谷市小江川地区で始まった

 

・『1年に100本ずつ、10年で1000本の桜を植え、総延長12㎞のハイキングコースに

  5kmを超える桜ロードも完成。

・新たな桜の名所を作る』企画も・・・・2019年3月3日(達成記念式典開催予定)をもって

                   10年計画達成の運びとなります。

  ー最初は荒れ果てていた里山、耕作放棄地の整備と環境美化が目的でした。ー

   でも、それだけでは面白くない!

・小江川自治会として、平成22年度実施の熊谷市民提案制度に応募して採用が決定。そして

 10年目、平成31年3月3日一斉植樹にて1000本達成となります。

・ 

      -PRグッツ(展示パネル、紙芝居)を1年前倒しにて作成ー

*ビフォー&アフター写真のパネル展示会(A-1サイズ17枚)も決まりました。

 ・日時・・・平成30年12月17日から21日迄の5日間市本庁舎(1Fロビー)にて10年の歩み

​       を紹介しました。・・・好評をいただきました。桜開花時期を踏まえて展示

       を調整中です。ご期待下さい。・・・1月は江南南小、北小、中学校、江南文化

       会館。2月は市内の公民館を始めとして検討中です。

・今年の開花時期・・・3月末から4月初旬になると思われます。

・トピックス・・・・江南中学校にて全校生徒を対象に紙芝居の上演を計画中です。     

          (4月16日 8:30〜体育館にて)

・桜ウオーク間近になりました。・・・熊谷市環境政策課募集(3月30日 9時集合:江南

 南小学校集合)

 

・1本2500円で桜の木の里親になれ,既に500名を超える応募を頂きました。

 「里親制度」「1000本桜音頭」「丘陵斜面に5mの絵文字を曼珠沙華で作りました:

 (さくら) と」完成度は年々上がります。等々

 様々な取り組みの中で今年10年の節目となりました。

・新たな表彰が決まりました。・・・公益財団法人日本さくらの会から功労賞の受賞が決まり

 ました。来る4月10日 永田町の憲政記念館にて受賞予定です。 

           

                    事務局 岡部と三本です。情報の更新を頑張ります。